経営者住宅ローンのデメリットとは?

住宅ローンを利用する場合には、いろいろな書類を用意する必要があるのですが、経営者の方ですと個人での契約のときよりもさらにたくさんの書類の提出が求められます。
会社の業績についてを証明するための業績証明書を用意しなくてはならないのです。
経営者の方の会社の業績によって、住宅ローンの審査結果も左右されてしまいますので、とても重要な書類となります。
こうした書類を用意する手間があるということが経営者住宅ローンのデメリットの一つとして挙げられます。
もし業績が少しでも不安定で危ないと思われてしまえば、住宅ローンの契約を断られてしまうことが多いので、きちんと書類を用意して安定した企業だということを証明しなくてはなりません。
住宅ローン審査通らない理由!審査基準甘い銀行は?【フラット35どう?】