レイクと総量規制

レイクのような消費者金融は貸金業法という法律が定める「総量規制」の範囲内で融資をしなくてはなりません。
この総量規制とは、個人に対する融資額の上限は、年収の3分の1までというものです。
この法律がなぜ定められたかというと、ひと昔前は、レイクのような消費者金融は返済能力を超えた融資を行っており、その結果、借り入れ金が返済できなくなる人を、数多く生みだしたからです。
しかし、銀行の融資サービスというのは、以前から健全に行われていて、金利も安く提供されていました。
したがって、個人が借り入れできるお金を制限する総量規制が設定されても、銀行カードローンはその対象にならず、銀行の判断でいくらでも融資をしてもよい、ということになったんです。
総量規制とは何か、借りる側への影響は?